文 集

 


  かっては論文を書いたとき、まずプレプリントを関係者に配って意見を聞き、論文の印刷出版後は別刷り(リプリント)を読んでくれそうな人に送ったものでした。しかし電子化時代ではw.w.webにより情報交換が行われるようになりました。私もここに原稿を掲載して読んでいただくよう計画しました。ご意見いただければ幸甚です。


                         宮沢弘成
                     miyazawa@phys.s.u-tokyo.ac.jp                          

     
電子は質点か場か

  「同 質議・討論

質点と場と確率解釈

質点と場と確率解釈

  「同 質議・討論

高エネルギー物理の将来」初稿

  「同 質疑・討論

高エネルギー物理の将来」改訂稿

  「同 質疑・討論」 

場と質点

Birth of Superalgebra

昔の3体力のアップデート

老人の見た超弦理論

新量子物理学入門

核力と3体力

超対称の誕生

場の量子論と新量子物理学

Ehrenberg-Siday-Bohm-Aharonov効果の
物理的意味


Superalgebra and fermion-boson
symmetry」


シュヴィンガーと量子電磁力学」

放射線によるガン発生は被曝量に比例
するか?」


低線量放射線によるガン発生の理論(LNT仮説は正しい)」

'99年8月

'01年12月

'01年10月

'01年10月

'01年12月

'01年1月

'02年7月

'02年9月

'03年 1月

'02年6月

'03年2月

'03年9月

'05年4月

'06年12月

'07年6月

'07年11月

'07年11月

'09年8月


'10年2月


'12年12月

'13年2月


'14年4月









 
















 












京大基礎物理学研究所は先日創立 50周年を祝った。 この写真は1962年6月基研 (旧館) のサロンで。牟田泰三氏撮影。













岡山光量子科学研究所に応接室が完成した。 賓客第1号は楊 振寧教授であった。 05年10月13日 永谷幸則氏撮影。












 



 



トップページにもどる